Home » 無職でも作れるクレジットカード » 無職の方がクレジットカードを作る為の本人確認

無職の方がクレジットカードを作る為の本人確認

無職の方がクレジットカードを作るとなると、本人確認が発生します。
間違いなく本人が申し込みをしているかどうかを、カード会社としては確認する訳です。

ではどのような方法で確認をするかと言うと、まず書面です。
一般的に金融会社に何かの商品の申し込みをする際には、書面で身元を証明する事が多いです。銀行などで口座を作る際には行員の方に身元を証明する書面を提出しますが、クレジットカードもそれは同じなのです。

提出方法はカード会社によって様々です。ただ最近はWEB媒体で書面を提出している事も多いです。
デジタルカメラなどを用いて書面の画像データを作り、それをカード会社に送っているケースが非常に多いです。もちろん従来通りの郵送やFAXなどでコピーを送っている方も、今なお多いのですが。

また無職の方に対する本人の確認の為に、カード会社によってはたまに本人に電話をかけている事もあります。
そこで簡単なやり取りを行って問題がなければ、本人であると確認される事もあります。

無職でクレジットカードで借り入れまで出来てしまう究極の荒技

100%不可能な無職でも、クレジットカードを発行し、尚且つ借り入れまで出来てしまう究極のお役立ち情報(荒技)を解説致します。

始めに、即日発行できるクレジットカードを選びます。
クレジットカードでなくてもカードローンでも可能です。

この荒技は、スピードがキモなので即日発行以外は不可能な為です。

次に、申込書の職業欄は正直に無職と記入しては、100%審査落ちしてしまうので、実在している会社を記入しましょう。
架空の会社だと、調べればすぐにバレてしまう為厳禁です。

在籍確認がありますので、記入した会社の休みの日に、お申し込みをすればその日はバレません。

ショッピング希望額やキャッシング希望額は、なるべく少なめにしておきましょう。
少なく記入した方が、審査が通りやすいからです。

動機は「冠婚葬祭による急な出費の為」辺りにしておくのが一番無難です。
ギャンブル資金や他社の借入返済の為などは審査に落ちやすくなる為やめましょう。

審査が通ったら、その日のうちにお引き出しして下さい。
後日、在籍確認の時にバレて、止められてしまう為です。

確認のお電話がありますので、嘘をついていた事を正直に話しましょう。
引き出した分は今直ぐ返して下さいとは言われないので大丈夫です。

かなりの荒技ですが、100%不可能な無職でも、借り入れができると言う事は分かって頂けたかと思います。