Home » 無職でも作れるクレジットカード » 無職の方がクレジットカードを作る時に審査される居住形態

無職の方がクレジットカードを作る時に審査される居住形態

無職の方がクレジットカードを作るとなると、必ず申し込みデータの入力もしくは申込み書の記載が必要になります。

その申し込み内容の1つに、居住形態があります。

居住形態というのは、色々な種類があります。

持ち家もあれば借り家もありますし、寮や社宅や公営住宅など色々です。

ちなみに持ち家にも、家族の名義と自己名義のに種類があるのですが。

そしてその形態は、無職の方がクレジットカードを作る際の審査に関わってきます。

上記で申し上げた中では、自己名義の持ち家が最も有利になります。

つまりマイホームを保有している方の場合は、カードを発行しやすい傾向があるのです。

それと上記の中では、社宅や寮も審査に通りやすい傾向があります。

また賃貸住宅や公営住宅の場合は、持ち家などに比べるとやや審査に通りづらくなる傾向はあります。

金融業者というのは、スコアリングというシステムを用いて無職の方に対する審査を行っています。

分かりやすく数字で申し上げれば、持ち家が加点8で社宅が5で賃貸住宅が3などの具合です。

もっともその数字は、あくまでも仮想のものですが。

もちろん数字が高ければ、審査に通りやすくなる傾向があります。

 

無職がクレジットカードに申し込むと個人情報センターで調査されます

 

クレジットカードに申し込むと、クレジット会社側は審査を行い、カードを発行するかどうかを決めますが、まずは個人情報センターの記録をもとに、その人のこれまでの借入情報を調査することになります。

過去にキャッシングやカードローンで多重債務があったり、クレジットカードの延滞があったりすると、すぐに判明するので、問題があると判断されたら、そこで不合格となり、お断りされてしまうので注意しましょう。

しかしこれまで借入の経験がなく、カードを一枚も作ったことがない方の場合は、個人情報センターに何の記録もないので、審査に通りやすくなります。

ただし申込用紙にストレートに無職と記入していると落ちやすいので、そこは派遣業や自営業と書くようにしてください。

派遣会社に登録していれば、まだ働いていなくても派遣業になりますし、アフィリエイトやネットオークションでそれなりの収入を得ている方なら、自営業といえなくもありません。

無職の方はこのような裏技を使ってクレジットカードを作るようにしてください。

続きはこちら・・・
無職無職でも作れるクレジットカードなび。無収入、ニートがクレカを作る