Home » 無職でも作れるクレジットカード » 無職のクレジットカード作成の極意はバイトを始めること

無職のクレジットカード作成の極意はバイトを始めること

職についていない場合は、クレジットカードを作りにくいというのが定説です。

無職は収入がないため、クレジットカードを作るのは難しいのです。

クレジットカード作成には審査がありますが、特に厳しいものではありません。

ただ、収入がありさえすれば審査に通る場合がほとんどです。

しかし、収入がない場合は審査には通りにくいです。

逆にいうと、とにかく収入さえあれば良いのです。

職種は問わない場合がほとんどですし、勤務形態も問われないのが通例です。

正社員じゃなくてもよくて、例えば、簡単なアルバイトでも大丈夫なのです。

レジ打ちなどの簡単な仕事でも審査を通過する確率は飛躍的に上がります。

無職がクレジットカードを作る前にすることはたった一つです。

作る決意をした時点で、まず何でもいいからアルバイトを始めるのです。

つまり、収入が見込めさえすればよいのです。

収入が見込めると、支払日にお金を返済してもらえる可能性が高まるので、クレジットカード会社は安心するのです。

無職からフリーターに変わればクレジットカード作成できる

当たり前ですが、職業を持っていないと、クレジットカードは作れません。

正確には、貯金がある場合には作れることがありますが、それでも厳しいです。

貯金が沢山あったとしても、収入が見込めなければ審査には通りにくいです。

なぜなら収入が見込めないと支払日の返済の可能性が低いと判断されるからです。

貯金は浪費するとすぐになくなってしまうので、将来の資産としては心許ないというのがクレジットカード会社の判断です。

つまり、無職の人がクレジットカードを作るためにはまず何でもいいから職に就く必要があります。

職種は何でもいいですし、多くの場合は勤務形態も特に問われません。

つまり会社に正規雇用された正社員じゃなくてもよいわけです。

つまりフリーターでも大丈夫ということです。

コンビニ店員などの仕事をするだけで審査に通りやすくなります。

とにかく、無職じゃなくて、収入がありそうなら何でも構わないのです。

ポイントは収入があることを証明してクレジットカード会社を不安にさせないことです。