Home » 無職でも作れるクレジットカード » 無職の方がクレジットカードの申込みをする時の申込書の書き方

無職の方がクレジットカードの申込みをする時の申込書の書き方

無職の方がクレジットカードを作るとなると、申込書の記載が必要になる事も多々あります。

街で見かける店舗内にてクレジットカードの申し込みをするとなると、紙媒体での申込み書に記入をするケースがほとんどです。

ところで無職の方がその記入をする際には、書き方がいくつかあります。

まず居住年数です。

基本的には1年単位で書く事になりますが、人によっては居住期間が少々短いこともあります。

その場合は申込書に0.2などと記載をしても構いません。

それと年収なのですが、実はある程度大雑把でも構いません。

年収が299万円なのであれば、300万円と記載をしても実は問題ありません。

しかしあまりにもかけ離れていると、審査で落とされる事はあります。

このように色々と書き方があるのですが、一番肝心なのは正しいデータを記入する点です。

間違ったデータを記載してしまいますと、金融会社の審査によって落とされてしまうケースがほとんどです。

あくまでも真実に基づいたデータを、その書類に記載する必要があります。

無職の方がクレジットカードを作る時に審査される固定電話の電話番号

無職の方がクレジットカードを作る際には、カード会社による審査を受ける必要があります。

その審査で問題がなければカードを発行する事ができますが、何かの問題があればカード発行はお断りという事になります。

ところで審査を受ける為にはカード会社に対して申込書などを送ることになるのですが、その記載事項の1つに電話番号があります。

もちろんそれは自分が保有している電話の番号を記入する事になるのですが、それも金融会社の審査項目の1つなのです。

というのも金融会社というのは、固定電話の有無を見ている事が多いです。

つまりカード会社に対して提出する申込書に固定の番号が書かれていないと、審査でお断りになってしまう事がたまにあります。

もっとも「全て」のカード会社で、固定の番号が求められるという意味ではありません。

固定の番号が無い無職の方でも、クレジットカードを作れている事例があります。

しかし総合的に見れば、やはり多くのカードの会社は固定の有無を審査している傾向があります。